安堂ロイド原作漫画ネタバレ!?

andouro 安堂ロイド原作漫画ネタバレ!?

日曜ドラマ「安堂ロイド」がいよいよ始まりましたね。
半沢直樹の後枠ということもあり放送前からかなり
話題を呼んでいました。

キムタクと柴咲コウがタッグを組んだドラマは10年ぶりで、
10年前のGood Luckは大ヒットしましたね。

今回の安堂ロイドはどうなるのでしょうか!?

sponsord link

安堂ロイドのストーリー

主演の木村拓哉演じる沫嶋黎士(まつしまれいじ)は
天才物理学者でIQはなんと245という超天才。
東京帝国大学の研究室で享受をしており、次期ノーベル賞候補とも
期待されているほどの人物です。

一方、柴咲コウ演じる安堂麻陽(あんどうあさひ)は
外資IT会社エニグマエンジンソフト社の広報室長を務めている
英語が堪能な美人OLです。

二人はネット上の将棋で知り合い、交際に発展婚約に至ります。
しかし、ある日沫嶋黎士(まつしまれいじ)は未来から来た
アンドロイドの手によって殺されてしまいます。

安堂麻陽(あんどうあさひ)も命を狙われて、ホームに落とされ
殺されかけますが、死んだはずの沫嶋黎士(まつしまれいじ)に
そっくりなロイドによって助けられる。

ロイドは安堂麻陽(あんどうあさひ)を守るために未来から
送られてきたアンドロイドで、命をはって彼女を守っていきます。

人物相関図はこのようになっています。
soukan 安堂ロイド原作漫画ネタバレ!?

大島優子が木村拓哉の妹役であったり、
山本美月や桐谷美鈴や本田翼など今話題となっている
女性芸能人がかなり多く出演しています。

若い男性にとってはかなり嬉しいキャストですが、
演技力はというとお世辞にもうまいとはいえるものではないので、
半沢直樹の続きで見ている人達にとっては、
少し物足りなく感じるようなキャストになっているかと思われます。

 

Sponsored Link

 

安堂ロイドに原作漫画はない!?

安堂ロイドというタイトルなので、原作はマンガなのかと思いきや、
実は原作自体存在しなく、オリジナルのドラマだということです。

原作はないのですが、脚本を書いているのが、
「ケイゾク」や「SPEC」で有名な西萩弓絵さんです。

そして、コンセプトを担当しているのが、なんと、
エヴァンゲリオンで有名な庵野秀明さんだということです。

まさかエヴァンゲリオンの作者がドラマに参加するとは!?
確かにドラマを見ているとラブストーリーの中に所々
SFチックな場面が見え隠れしていますね。

沫嶋黎士(まつしまれいじ)がアンドロイドによって殺される場面では
”ウージングアウト”という謎の異空間に連れていかれたり、
”プラントル・グロワートの特異点”という言葉が出てきたり。

なんだか、エヴァ臭がしてきますよね。
ロンギヌスの槍、セフィロトの樹、ガフの部屋、ネブカドネザルの鍵、
こういった専門用語はマニアな人にとってはたまりませんが、
一般大衆には結局何かよく分からないということで敬遠されがちになります。

安堂ロイドに関しても、かなり好みが分かれる
作品になるのではないかと予想しています。

第1話だけでも数々の伏線が仕込まれているようでしたので、
今後の展開に注目していきたいですね。

Sponsored Link


関連記事はこちら

コメントを残す