台風28号2013予想!?気象庁最新は!?米軍進路予想!?

taifuu 台風28号2013予想!?気象庁最新は!?米軍進路予想!?台風27号が接近していますが、
実は台風28号も人知れず発生して、
週末に関東に接近する模様です。
しかも、不運なことに同じタイミングで
来るということで、最新の情報を
チェックして備えましょう。

sponsord link

台風27号について

まずは27号についてみてみましょう。
2013年10月23日現在、台風27号は沖縄の南にいますが、
24,25日にかけて、北東に進み、26日に関東地方を直撃すると
予想されています。

台風27号は非常に強い勢力を保っており、
中心気圧は945hPa、中心最大風速は45m/sです。

10年に一度の勢力と言われていた台風26号と同勢力で、
ほぼ同様の進路をたどると予想されているので、
前回被害にあった地域はもちろんのこと、
前回では被害には至らなかったものの、連続した台風には
耐えられないような地域も多くありますので、
より厳重な注意が必要となっています。

前回の台風では交通機関に大きな影響が出ており、
京成本線では京成成田駅の斜面が崩壊し、上下線とも不通となったり、
小田急では下北沢駅地下ホームで線路が冠水し一時運転を見合わせる
といった事態にもなっています。

台風27号においても同等以上の被害が予測されますので、
特に週末の外出には注意が必要です。

米軍の23日の最新の予測図はこのようになっています。
beigun 台風28号2013予想!?気象庁最新は!?米軍進路予想!?

26日の深夜0時に関東の南に最接近すると予想されています。
ただ、進路が上方にそれると関東を直撃することも十分に考えられます。

台風28号について

台風28号も人知れずに発生していましたが、
こちらも非常に厳重な注意が必要です。

2013年10月23日現在、台風28号は東京のはるか南東にいますが、
24,25日にかけて北西に進み、26日に関東地方に最接近する予想されています。

 

Sponsored Link

 

しかも、注意すべき点はその猛烈な勢力です。
台風28号は10年に一度の勢力と言われていた、
台風26号よりもはるかに強い勢力を維持しているからです。、
中心気圧は910hPa、中心最大風速は55m/sです。

これほど、猛烈な台風ですので、
この台風が関東に直撃したら、甚大な被害は免れないでしょう。

米軍の予測進路図はこちらになります。beigun28 台風28号2013予想!?気象庁最新は!?米軍進路予想!?

今のところの予報では関東地方に接近はしますが、
直前で進路が北東に変化するために何とか直撃は
避けることになっています。

しかし、今回はある要因があって、
この進路予報が外れる可能性が大いにあるそうです。
それが「藤原の効果」と呼ばれるものによります。

藤原の効果とは!?

「藤原の効果」とは2つの台風が1000km以内に接近すると、
互いの台風が影響し合って、複雑な動きになってしまい、
進路予想が大変難しくなる効果のことを言います。

つまり、台風同士が相互作用を起こすということです。

一方の台風がもう片方の台風に吸収されるという可能性も
十分に考えられるということで、10年に一度の勢力の台風27号と
それ以上の勢力を誇る台風28号が合体するという最悪の
事態も起こりえるということだそうです。

2つの台風を同時に見てみましょう。
taifuu 台風28号2013予想!?気象庁最新は!?米軍進路予想!?

まさしく、26日にぶつかりあいそうですね。
もし、2つの台風が合体し、進路を中間地点に取るような
ことがあれば関東地方に過去最大級の台風が
直撃することになってしまいそうです。

26日は台風情報に注意して、できる限りの外出は控えるためにも、
週末前に買い物などを済ましておくようにしましょう。

 

Sponsored Link


関連記事はこちら

コメントを残す