世にも奇妙な物語の夏菜の最後!?幽霊役は!?

natsuna 世にも奇妙な物語の夏菜の最後!?幽霊役は!?最近一気に人気の出てきてCMでも
ドラマでも活躍しているのが女優の夏菜です。
先日も世にも奇妙な物語の短編ドラマで
主演をしていましたが、非常に演技が
良くて好評だったそうです。気になる
結末はいったいどうなったのでしょうか!?

sponsord link

プロフィール

生年月日 1989年5月23日
出身地 埼玉県
身長 165㎝
血液型 A型
所属 トヨタオフィス

世にも奇妙な物語の夏菜の最後はどうなった!?

先日テレビで放送された、四にも奇妙な物語2013秋に
夏菜も主演していましたね。

夏菜が主演したのは「0.03フレームの女」でした。

夏菜の演じる日暮美和は映像編集スタジオ勤務、CG担当。
宮田俊哉演じる刈谷はそのアシスタントで、二人はある
テレビドラマの映像編集をしていました。

CGの映像編集は映像に移っている邪魔なものを消す作業が多く
そのため、退屈な作業がほとんどのようで、
日暮美和も「ビルを消すためにこの仕事やっているんじゃないよ~」
と映像に移っている邪魔なビルを消しながら
いつも悪態をついていました。

そんな作業を進めていると、日暮美和は1フレーム(0.03秒)にだけ、
狭い通路に女が立っているのを見つけてしまいました。

日暮美和は退屈さもあって興味本位から、その女性の映像を引き伸ばし、
映像を編集して、担当部長に提出しました。

そこから、奇怪な現象が起りはじめます。
なんと、その映像を見た関係者たちが次々と不可解な死を遂げていくのです。

初めは、主演の女優が命を絶ち、
その後、担当部長が、そして、映画監督が。。。

 

Sponsored Link

 

映像を見た人物が次々と死を遂げるのは、フレームに映った女を
見たためだと確信した日暮美和は全国放送される事態を回避するため、
刈谷とともにフィルムを回収することを決意。

しかし、刈谷も担当局の部長ともみあいになり、転落して死に至ってしまう。
そして、何とか生き残った日暮美和は編集室に逃げ込んで、
フレームに映っている女の映像を消そうとします。

しかし、映像を消そうとしても女は消えません。
「どうして、どうして」と焦り始める日暮美和。
そして、最後。。。
静止しているはずの女が動き、「消すな~!!」と叫び、物語は終了。

日暮美和が死に至ったかどうかは作品中では描かれませんでした。
視聴者の想像に任せるような終わり方だったということです。

ただ、これには原作があり、その原作の中では主人公は自殺しています。
余韻を残した終わり方だったのですが、日暮美和も何らかの形で、
死に至ったという風に思われます。

非常に緊迫感のあるストーリーで、好評でした。
ただ、最後の「消すな~!!」の感じが微妙だったという意見もあるみたいです。

不気味な雰囲気を漂わせていた0.03フレームの女ですが、
その女を演じていたのは誰だったのか気になる人が多かったみたいです。

調べてみると、「李そじん」という女優が演じたということでした。
rison 世にも奇妙な物語の夏菜の最後!?幽霊役は!?

幽霊役とは雰囲気が全然違いますね。
主に舞台で活躍している方だということです。

非常に演技力のある夏菜だけに
今後もさらに活躍の場を広めていくかと思われます。
非常に注目の女優の一人になりますね。

Sponsored Link


関連記事はこちら

コメントを残す